日本語教師になりたい人は養成講座を受講しましょう

  • 日本語教師養成講座で学ぶメリットとは

    • 日本語教師を目指す場合、一番メジャーな方法は、420時間養成講座を受講することです。


      420時間養成講座というのは、文化庁が日本語教師に必要な知識と技術を身につけるための標準的な教育内容として示した内容を満たしている講座のことです。

      お手軽の日本語教師の養成に関するマニアックな情報をお届けします。

      様々なスクールで実施されており、一部通信講座で受講することも可能です。

      日本語学校の採用試験では、420時間養成講座を修了していることが一つの条件になっていることが多いです。


      スクールからの学校の紹介などもありますので、本格的に日本語教師として働きたいと考えている人には、受講がおすすめです。
      その他のメリットとして、模擬授業の場が多く設けられていることがあります。



      日本語教師は、採用されるとすぐにクラスを任されることが多いです。経験の少ない新人教師にとって、授業準備はとても大変です。
      模擬授業をすることで、授業をするにあたって、どんなものを準備すれば良いのかや授業の進め方を頭に入れておくことができます。
      プロとしてデビュー前に授業の経験を積んでおくかどうかはかなり気持ちの余裕に差が出ます。



      また、一緒に日本語教師を目指す仲間がいることも養成講座で学ぶメリットです。

      養成講座には、若い人や学生だけでなく仕事を退職した人や主婦など様々な人が集まります。講座は決して簡単な内容ではありません。色々な人たちと励ましあいながら勉強することでモチベーションを落とさずに受講することができます。

  • 日本語教育の予備知識

    • 日本語教師という仕事をご存じでしょうか。よくイメージされるのは、日本語学校にいて外国人に日本語を教える仕事です。...

  • 日本語教育入門

    • 日本語教師になりたいという希望を持った人は比較的多く、そうした人を効果的に養成する学校は何校も存在しています。問題は、それら多くの学校の中から自分に最も合ったものを選ぶということです。...

  • 難しくない日本語教育

    • 毎年日本にやって来る外国人の数は右肩上がりで増えています。中には日本がすっかり気に入って、改めて日本に留学したり、就職を希望する外国人も少なくはありません。...

  • 日本語教育の納得の知識

    • スクール、あるいは通信の日本語教師の養成講座では、言語に関することだけでなく、文化、社会、教育など色々なことを学びます。また、言語の構造や発音、日本語の構造や文法など、言語学もカリキュラムに入っています。...

top