日本語教師になりたい人は養成講座を受講しましょう

  • 日本語教師の養成講座は学校選びも重要!

    • 毎年日本にやって来る外国人の数は右肩上がりで増えています。

      中には日本がすっかり気に入って、改めて日本に留学したり、就職を希望する外国人も少なくはありません。


      そのためには日本語の学習が必須となりますが、そのような事情もあって今や大都市を中心に日本語学校も増加しています。そのような背景から日本語教師の需要も増えており、希望者も多いのが現状ですが、日本語教師になるには養成講座を受講するのが近道です。

      日本語教師の養成講座に関するお役立ち情報サイトです。

      日本語教師の養成講座は420時間あり、一見非常に時間がかかるため敷居が高いように思われますが、ただ単に外国人に日本語を教えるノウハウを学ぶだけでなく、日本の文化等を含めた専門的な知識を得ることが可能です。

      受講期間は最短3ヶ月から1年半程度と講座によって異なりますが、短い期間で修了したい場合は通う頻度が高くなり内容はハードなものになるでしょう。



      一方、昼間は働いていて夜間の講座にしか通えないという人は、少し時間はかかりますが自分のペースで講義をうけることで無理なく修了まで漕ぎつけることができるはずです。

      転職する際にも有利に働くので、モチベーションを保ちながら420時間の講座修了を目指してください。



      日本語教師の養成講座はいくつかありますが、是非一度実際に学校まで足を運んでみることをおすすめします。
      中には養成講座を修了した後の就職相談にのってくれる面倒見の良い学校もあるので、自分に合った学校選びは非常に重要なポイントです。

top