日本語教師になりたい人は養成講座を受講しましょう

  • 日本語教師になりたい人は養成講座を受講しましょう

    • スクール、あるいは通信の日本語教師の養成講座では、言語に関することだけでなく、文化、社会、教育など色々なことを学びます。

      特別な日本語教師の養成講座の情報を幅広く扱っているサイトです。

      また、言語の構造や発音、日本語の構造や文法など、言語学もカリキュラムに入っています。


      その他、教師として教えるという経験を積むこともできるでしょう。

      学校によっては異文化コミュニケーションもすることができます。
      その費用は6ヶ月で530.000円〜600.000円ほど、テキスト代は30.000〜40.000円ほどです。
      日本語教師の養成講座では繰り返し教案を作成することもできますし、授業の模擬体験もできます。


      学費を出す価値は充分にあると言えるでしょう。

      教師になってから教案作成にとりかかるのでは大変です。
      学校の教員になる場合は教員免許が必要ですが、日本語教師には資格がなくてもなることができます。

      ですが、日本語学校では日本語教師の養成講座を修了した人が求められます。様々な所が日本語教師の養成講座を開いているので、どこが自分に合っているか分からないかもしれません。


      まず資料請求してカリキュラム、講師、教育実習などを確認しましょう。



      ホームページやランキングサイト、比較サイトも見てください。



      スクールと通信、どちらがいいか分からない場合、体験談を読めばそのメリットやデメリットを把握することができるでしょう。
      スクールに体験入学して、どんな先生がどのように授業をしているか確かめることもできます。

top