日本語教師になりたい人は養成講座を受講しましょう

  • 日本語教師養成学校に通ってみませんか

    • 日本語教師という仕事をご存じでしょうか。


      よくイメージされるのは、日本語学校にいて外国人に日本語を教える仕事です。


      しかしながら、じつは単に日本語を教えるだけの仕事ではありません。
      外国人に日本の文化を教えるほか、生活面でのサポートなどをすることもあるのです。


      外国の方々が日本語を勉強する理由はそれぞれです。留学生や仕事で必要な人、単純に興味がある程度から、結婚相手が日本人という場合まで非常に様々なケースがあります。活躍の場所も日本語学校だけでなく、企業派遣や海外ボランティアなど多岐にわたります。
      教師としての活躍の場は、どんどん広がっているのです。


      では、日本語教師になるにはどうすればよいでしょうか。

      実は具体的な国家資格のようなものは存在しません。


      一般的には文化庁が定める講座を修了するか、日本語教育能力検定試験に合格することで実力を示し、日本語学校などに採用されるケースが多いです。いずれにしても、効率的なのは「養成学校に通う」という方法になります。


      養成学校に通うことで、文化庁が定める講座を修了するができます。

      日本語教師の養成情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

      加えて、これらの学校では日本語教育能力検定試験の対策を行っているところが大半ですので、効率的に日本語教師になるための技能を身につけることができるのです。



      また、日本語教師養成学校で身につけられる能力はそれだけにとどまりません。


      人は物事を母国語で考えます。

      その母国語である日本語について深く学んだ経験は、考え方の軸をより強固なものにします。



      国際化の時代に海外での活躍を夢見るならば、日本語教師養成学校で深く日本語について学んでみることも良いのかもしれません。

top