QRリーダーをiPhoneXで使う

国内では、QRコードを使う機会が多く、飲食チェーン店などでは、QRコードを使ってクーポンの発行やキャンペーンサイトへのジャンプが出来るといった機能を提供しています。

しかし、iPhoneXには、QRコードを読み取るQRリーダー機能を搭載していませんので、iPhoneXに機能を追加する為のアプリをインストールしなければいけません。



アプリストアで公開されており、QRリーダーアプリをiPhoneXにインストールする事で、iPhoneXでもQRリーダー機能を実現出来るようになります。

クーポンの利用が多い人にとって、QRリーダーは非常に便利な機能であり、iPhoneXで使えるようにする事で、いつでも色々なお店のクーポンを取得でき、使用が可能になります。
QRリーダーは、キャンペーンサイトへのジャンプにも有効な物ですので、お得なキャンペーンの内容を知りたい時に重宝します。

QRリーダーアプリの中には、QRコードを作成出来る物も存在します。


QRコードは色々な所で活用出来ますので、QRコードを知っている人のみにファイルを配布したりする時にも使えます。

アプリストアには、QRリーダーアプリがいくつか公開されていますので、ユーザーが使いやすい物を選択するのが良いでしょう。

QRリーダーを使いこなす事によって、日常生活をより充実させる事も可能です。QRコードを最大限に活用していく事で、ユーザーにとって得をする事も多々あります。
iPhoneXのロック画面はTouchIDかパスコードで解除できます。
一般的に言ってTouchIDで指紋認証ができなくなる可能性はほぼないのでロック画面が外せなくなるにはパスコードがわからない場合が多いようです。パスコードは数字で開けるのですが、意外と忘れてしまう方が多いようです。

パスコードは間違っても問題ないのですが、回数によっては待ち時間が生じます。

指紋認証を利用していて機械の故障などで認証できない場合はパスコードが利用できますが、この場合は5回間違うとその後はパスコードのみでの認証となります。
さらに間違うと1分の待ち、そしてさらに間違うと15分の待となります。パスコードだけを利用している場合には6回目で1分の待ち、さらに間違うと15分の待ちとなります。

パスコードが正しければ間違った回数もリセットされるのですが、間違ったままだと待つことが増えます。どうしてもiPhoneXのパスコードがわからない場合は本体のリセットが必要です。

iPhoneXのリセットについてはPCやMacが必要となります。本体のみでもリセットがかけられますが、パスコードの解除が必須です。



PCでやMacで初期化するにはiTunesを導入します。



iTunesは無料でダウンロード、インストールができますので直ぐに利用が可能です。

ただし、バックアップがない場合はすべての情報が消えてしまうので注意が必要です。

バックアップがあれば好きなタイミングから復活させられます。